Loading…

スポンサーサイト

Posted by  かとり~ぬ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディブルフラワーと食用花

Posted by  かとり~ぬ on 31.2011 エディブルフラワー 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

かとり~ぬが「エディブルフラワー」と初めて出会ったのは
20年と少し前、、、
かとり~ぬが学生を謳歌していたころです

1988年の春、
新宿のホテル センチュリーハイアット(Hyatt Regency Tokyo)にランチを食べに行ったとき、
レストランで「エディブルフラワー」を使ったコースの企画を開催していたんです

お花のまま、そのまま食べちゃうのね~って新鮮で、とても記憶に残りました

今となっては、当時 何を食べたのか憶えていないんですけれど・・・(笑)

日本で初めて「エディブルフラワー」を導入したのが、
この1988年3月のホテルセンチュリーハイアットだったんですって

先日の
エディブルフラワー・コーディネーター ライセンス取得講習会で
知りました~ なんだか、ちょっと嬉しい


日本では、「エディブルフラワー」は まだ23年だけれど、
「食用花」としては奈良時代には存在していたらしいですよ
でも、当時は食べ物っていうより 薬って感じです
紅花を虫下しのために食べていたんですもの~

かとり~ぬの身近なもの、子供の頃からあった「食用花」は
菊の花、桜の花、菜の花、ふきのとう、花穂じそ、、、いろいろありますね~
お花を食べている なんて意識のないまま、普通に食べています(笑)

古代のネイティブアメリカンは紀元前から お花を食べていたんですって
土地柄、砂漠に咲くユッカ、サボテンのお花などを
ちなみに、ユッカはニューメキシコ州の州花です

古代ローマでは バラのお料理や スミレのワイン があり、
アジアでは バナナ、フイリソシンカ(Orchid Tree)、ツツジのお花たち、
日本にも伝わった菊酒、紅梅の塩漬け などなど

お花を食べるって エディブルフラワーって
昔から、とっても身近なものなんです






スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://catherine03.blog69.fc2.com/tb.php/21-86f1660e

プロフィール

 かとり~ぬ

Author: かとり~ぬ
好きなものは・・
フランス と チョコレート
ワイン と チーズ
旅行 と 美味しいもの
美しいもの と 魅力的なもの♪

最新トラックバック

♪お気に入りのサイト mon favori ♪









♪ちょっと気になるもの♪ 見てね~

日比谷花壇 フラワーギフト 今月限定

日比谷花壇 フラワーギフト キット商品

エノテカ/お試しワインセット_125_125

ANAショッピング astyle

 iTunes Store(Japan)

♪旅行に出かけたくなる・・・♪

 



 

♪旅行のサイト Bon Voyage♪

Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー★ツアー通常バナー★



ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

blogram

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。