Loading…

スポンサーサイト

Posted by  かとり~ぬ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永観堂 禅林寺 ・・・ 京都

Posted by  かとり~ぬ on 30.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

昨日の 東福寺 に続いて 今日は 永観堂~
「紅葉の永観堂」 として有名ですよね

   IMG_09080037-1.jpg

総門から入って行き、次に中門を抜けると こんな感じです
とってもきれいです


この先の大玄関から建物に入ります
(ここから先は 見学順路 に従って一方通行)


唐門  は勅使門
唐門と釈迦堂の間に盛り砂があって、勅使は盛り砂を踏み身を清めたんだそうです
その盛り砂の模様・・・似ていませんかぁ?東福寺のお庭の砂の模様と

   IMG_08800009-1.jpg

   IMG_08840013-1.jpg

釈迦堂は 室町時代建立の方丈です
襖絵がとっても素敵なんです
お庭の紅葉を眺めながら 釈迦堂をまわり、御影堂へ

   IMG_08850014-1.jpg

御影堂の裏まで進むと 左に 臥龍廊 (がりゅうろう) があります
山の斜面に添って作られていて、とってもきれいな曲線の階段なんですけれど
残念ながら、僧侶以外立ち入り禁止です

        IMG_08860015-1.jpg


そして、右の階段を上っていくと、阿弥陀堂です
建立当時の色彩に復元させたとのことで ちょっと風情がないというか・・・
私たちの想うお寺の感じとは違う感じもしますが
永観堂に来たら、この阿弥陀堂のご本尊 「みかえり阿弥陀」 です

  永保2年(1082年)2月15日の早朝
  永観(ようかん、と読みます)律師 が念仏行に励んでいると
  阿弥陀様が前を歩いていて・・・
  永観はびっくりして立ち止まってしまいました
  そのとき、阿弥陀様が 永観をふりむいて 「永観、遅し」って仰ったんだそうです

それが、みかえり阿弥陀さま
左側を向いていらっしゃるので、正面だけではなく
左側からもお顔が拝見できるようになっています

とても穏やかで 優しい表情の阿弥陀様です

送れる者を待つ姿勢
想いやり深く周りを見つめる姿勢
自分自身を顧みる姿勢
を 私たちに示しているんだそうです

ちなみに、永観堂 は、この永観律師に由来しています

   IMG_08890018-1.jpg

阿弥陀堂を出て 真っ直ぐ降りて行くと 池と紅葉の広いお庭が見えてきます
極楽橋を渡って行きます

   IMG_08920021-1.jpg

紅葉の写っている池は 弁天様の祀られている 放生池 です
ここでは 紅葉を愛でながら お団子や甘酒がいただけます

   IMG_08960025-1.jpg

   IMG_09000029-1.jpg

   IMG_09010030-1.jpg

   IMG_09030032-1.jpg

   IMG_09060035-1.jpg

       IMG_09070036-1.jpg


お庭を楽しむだけなら、総門を入ってすぐ右へ入っていけばOKです

そうそう、
総門周辺は とても多くの人で賑わっていますが、
観光バス も その総門から駐車場へ入ってきます
「え ここ通るの 」 って感じですが・・・本当なので ご注意を~










コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事
スポンサーサイト

東福寺 ・・・ 京都

Posted by  かとり~ぬ on 29.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

週末、紅葉狩りに京都へ行ってきましたぁ~
色の付き方も ちょうど好い感じの お天気よし、気温よし、の週末
予想通りの混雑っぷりっ

 IMG_08430001-1.jpg

まずは・・・東福寺

北門、仁王門方面から入ります。
東大路通から すごい人の波ですが・・・龍眠庵の角にさしかかると
紅葉の名所な感じがしてきます

   IMG_08440002-1.jpg

通常、この先に小さな駐車場があるんですけれど、
紅葉シーズンは使用できません
団体のお客様の拝観券売り場や集合場所として使われていて
また、お土産屋さんの屋台も出ています


そして、もう少し進むと もっともっと混んできて、臥雲橋 (がうんきょう) の前で大渋滞です
警備の方が・・・
「穏やかな心を持って~ まだまだ序の口、今から疲れたらダメですよ~」 って

臥雲橋 からは 有名な 通天橋 (つうてんきょう) と紅葉が見られるんです
こんな ふうに

   IMG_08460004-1.jpg

この写真を撮るために 一眼レフカメラを持った人たちが動かないので
大渋滞になっていました、、、

それを抜けると 人と人の間に 少し隙間ができます (笑)

   IMG_08510009-1.jpg

少し歩いて、日下門をくぐると 正面に本堂です
本堂の左前でも 拝観券を買うことができます

   IMG_08550012-1.jpg

本堂の手前を左へ行くと 通天橋 への入口です
ここで 拝観券が必要になります

通天橋 のまんなかから左を見ると、
先ほどの 臥雲橋 の大渋滞とカメラがいっぱい見えます

   IMG_08570014-1.jpg

ここから 見られる景色は 洗玉澗 (せんぎょくかん) と言う渓谷で
紅葉と新緑は絶景っ

通天橋 を渡りきって 右へ登っていくと 開山堂 です
変わった作りの建物です

   IMG_08590016-1.jpg

そして 開山堂の左にあるのが 普門院
その普門院前のお庭は 江戸中期の名園といわれています
が・・・
かとり~ぬが気になったのは ここ
   IMG_08600017-1.jpg
お庭の砂の模様~ モダンな感じ ちょっと絨毯みたいっ

通天橋 まで戻って そのまま降っていくと
先ほど 臥雲橋から、通天橋から 眺めた 洗玉澗の紅葉の中への行けます
が・・・と~っても混んでいるので、ここも大渋滞を覚悟してね

出口は 臥雲橋 の手前にある 月下門 です

   IMG_08650021-1.jpg


通天橋の入口奥に 明治23年に再建された 方丈があって
昭和14年に作られた 「八相の庭」 があります
方丈の東西南北に4つのお庭が作られているんです

こちらも観たかったんですけれど・・・ こちらは次の機会に


拝観料は ¥400
日下門 から 月下門 の間は飲食禁止、持ち込み不可なので
気を付けてくださいね







コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

水仙

Posted by  かとり~ぬ on 28.2011 お庭 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

今年は 冬に咲くお花が どれも少し早いようで
1週間前から 水仙が咲き始めました
(例年より1か月弱 早いんです)


   IMG_09320006-1.jpg


風で倒れてしまうと かわいそうなので
咲いたものから切って、花瓶にいけて お家の中で楽しんでいます

とっても好い香りです


水仙の学名は Narcissus
ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスから

神話は・・・
ナルキッソスは、とても美しい少年だったので様々な人から言い寄られたんですけれど
ちょっと高飛車で高慢だったので、毎回 撥ねつけていたので恨みを買っていました
そんな彼への呪いを聞き入れた 復讐の女神ネメシスは、
ナルキッソスが 水鏡に映ったナルキッソス自身に恋してしまうようにしてしまいます
水鏡の中のナルキッソスは、ナルキッソスの想いには決して応えることはなく (当然ですが・・・)
彼はそのまま憔悴して死んでしまいます

そして、その体は水辺でうつむきがちに咲く水仙に変わった、というちょっと悲しいお話です
ここから、ナルシス、ナルシスト と言った言葉も生まれているんです

花言葉は うぬぼれ、自己愛、自尊心、気高さ、愛をもう一度


かとり~ぬのお家のお庭に咲いている水仙とは種類が違うんですけれど
ラッパスイセン (Daffodil) は ウェールズ の国章でもあるんです

また、海外では 水仙は早春に咲きはじめるラッパスイセンが主なので
春の訪れと共に咲く 「希望」 のシンボルとされています
ガン患者をサポートする団体の多くで、募金活動のキャンペーンなどに使われています






コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

Advent ~ アドヴェント ~

Posted by  かとり~ぬ on 27.2011 フラワーアレンジメント 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

今日は、クリスマスまで4週間 の日曜日
Advent の始まりです

     2008-11-20 IMG_1559 Advent0001-1

ちょっと懐かしいアレンジメントですけれど・・・

今日はこの4本のキャンドルの1本を灯す日です


Advent (アドヴェント) は イエス・キリストの誕生を待ち望む期間のことを言います。
降臨節、と訳されることが多いと想いますが、、、

11月30日に一番近い日曜日から、4回の日曜日ごとに
火を灯すキャンドルの数を増やしていくという ドイツの風習から生まれたアレンジメントです
本来は、モミなどの常緑樹の枝を丸くまとめた アドベントリース か アドベントクランツ に
4本のキャンドルを立てるんですけれどね

正式には紫のキャンドル、3回めの日曜日だけバラ色のキャンドルらしいんですけれど
家庭などでは 好きな色でOKみたいです

そして、ドイツでは 日曜日ごとに シュトレン (Stollen) を薄く切って、食べてお祝いをします
シュトレンの形、砂糖で覆われている様子は、
幼子イエスが純白のマントでくるまれていたことに由来しているんだそうです





コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

お花の検定 ・・・ Basic

Posted by  かとり~ぬ on 26.2011 フラワーアレンジメント 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

今週のフラワーアレンジ教室 Lavender Bloom のお花は・・・
Basic の実技試験

遅ればせながら、お花の検定を受けようと、、、
今まで楽しく、一度も嫌にならずに続けているので
受けてみようかなぁ~ と想って ・・・ 自己満足かも (笑)

Basic には、筆記試験と実技試験があります
筆記試験は 試験会場で受ける方法と、自宅で受ける方法があって
実技試験は 試験会場で受ける方法と、教室で受ける方法、自宅で受ける方法
とあるんです。それぞれ、ちょっとづつ料金が違います

かとり~ぬは、試験会場でのスケジュールが合わなかったので
筆記試験は自宅で、実技試験は教室で 受験することにしました

で、今週の教室の時間に実技試験を受けたって訳なんです

実技試験は ワイヤリング、リボン、アレンジメント と3種類

アレンジメントは 三角錐を作るトライアンギュラー でした

     IMG_08300005-1.jpg

こんな感じ~
というか、全然、だめだめなんですけど、、、
 
筆記試験は 今までに国家試験を含めていろいろチャレンジしているので
試験対策のコツ(あくまで、かとり~ぬにとってのコツです)
みたいなのがあって自信があるんですけれど、、、

実技試験は、、、苦手なんですぅ
なんとなく、国語のテストに似ているから~ 笑







コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

ゴーギャン ・・・ Eugène Henri Paul Gauguin

Posted by  かとり~ぬ on 25.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

昨日の ゴッホ に続いて・・・ゴーギャンを。

『 Femmes de Tahiti (タヒチの女たち) 』

   20080607-030 タヒチの女(浜辺にて)0005-1

有名なのは、『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』
ですけれど・・・これは残念ながら アメリカ、ボストン美術館にあります

かとり~ぬは あまりゴーギャンの絵には興味がなく、
『タヒチの女たち』 しか写真がありませんでしたぁ~

ただし、『われわれは・・・』 を観たときは いろいろと考えさせられました


ゴーギャンはタヒチのイメージが強いんですけれど、
パリ生まれなんです。
お父様の事情で 生まれてすぐに南米ペルーへ亡命しちゃいますが、
7歳のころ、フランスへ戻ってきています
なので、パリ生まれのフランス育ち









コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

ゴッホ ・・・ Vincent van Gogh

Posted by  かとり~ぬ on 24.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

Musée d’Orsay オルセー美術館 も最近は写真撮影禁止になってしまったので
以前、撮ったものを少しだけご紹介します

今日は、ひまわり や 糸杉 の絵で誰もが見たことのある ゴッホ
Portrait de l'artiste par luimême、自画像の1つ)

       20080607-032 自画像0007-1

『 La Chambre de Van Gogh à Arles (アルルのゴッホの部屋) 』
これは3つあるうちの1つ。3番目に描かれたもので、
オルセーに来る前は、日本の松方コレクションの1つでした
最初の1枚は、ゴッホ美術館に、2枚目はシカゴ美術館にあります
   20080607-036 アルル-ゴッホの部屋0011-1

『 Eglise d'Auvers (オーヴェールの教会) 』
オーヴェール(オーヴェル)は パリから電車で1時間くらい北西にある
オーヴェール=シュル=オワーズ です
晩年、治療と療養のために過ごした場所です
       20080607-031 オーヴェールの聖堂0006-2

『 Dr. Paul Gachet (医師ポール・ガシェ) 』
絵画愛好家であり、本人も絵を描いていた 精神科医です
オルセーにあるものは 2枚めのもので、ゴッホからガシェに贈られたものなんだそうです
        Le docteur Paul Gachet DSC004660020-1


まだまだ沢山の収蔵品がありますが、かとり~ぬのお気に入りのゴッホはこれ
『 La nuit étoilée (星降る夜) 』

    20080607-033 ゴッホ0001-1








コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

Le Restaurant (ル・レストラン) ・・・ オルセー美術館

Posted by  かとり~ぬ on 23.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

オルセー美術館 ( Musée d'Orsay ) に行ったら
展示品も、建物(ぜひ、これもっ ) も楽しんでほしいんですけれど

館内にあるレストラン、Le Restaurant (ル・レストラン)
・・・ とってもダイレクトな名前なんですけれど 本当にこういう名前なんです ・・・
こちらも 是非、寄ってほしいです

   20080607-028 Paris Orsay0003-1


宮殿でランチをいただいているような優雅な気分になれます
お食事はすご~く美味しいっ絶品っ

・・・ というわけではないけれど、お奨めです

天井画は ガブリエル・フェリエ(Gabriel Ferrier)のフレスコ画

       20080607-026 Paris Orsay0001-1



参考までに ランチのメイン (これはお魚) はこんな感じです

   20080607-033 Paris Orsay0008-1

サラダとデザート(結構、大きなケーキ )、飲み物がつきます
美術館だし、宮殿みたいだし、フランス人だから 気位が高いかしらって
想いがちかもしれませんが・・・ 全然、そんな雰囲気はありません
お値段も一般的、ギャルソンもとっても気さくな人ばかりで
写真を撮ってくれたり、デザートのお皿に好きな言葉をソースで書いてくれたり
サービス満点です







コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

Musée d’Orsay オルセー美術館

Posted by  かとり~ぬ on 22.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

昨日 の続きです。
オルセー美術館 ( Musée d'Orsay ) は かとり~ぬが生まれる前の年にオープンしています
日本の学年で言ったら・・・同級生(笑)ですね


元々は、1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて作られた オルセー駅 兼 ホテルです
なので、中央ホールは 地下ホームをそのまま活用しています


      20080607-053 Paris Orsay0015-1


例外もありますが、原則として
2月革命のあった1848年 ~ 第一次世界大戦勃発の1914年 の作品を展示しているんだそうです
なので、印象派、ポスト印象派、そしてアカデミズム絵画 がいっぱいなんですね~

それ以前の作品は ルーヴル美術館 に、以降の新しい作品は ポンピドゥー・センター にあります
この役割分担は シンプルでわかりやすくって 好いですよね

以前は 館内、どこも写真OKだったんですけれど、
今年になって 撮影禁止になったみたいです

イタリアに続いて、フランスもかぁ~・・・って感じですけれど、
いろいろ事情もあるんでしょうね。保存とか・・・

これから行く方は 写真撮影禁止なので、気をつけてくださいね

でも、テラス(?)からの外の景色は 今も撮影OKです ←当然っ (笑)

   20080607-041 Paris Orsay0004-2
モンマルトルの丘まで きれいに眺められますぅ~







コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事

セーヌに沿って・・・ パリ

Posted by  かとり~ぬ on 21.2011 旅行 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

久しぶりにパリのお話を、、、

かとり~ぬは 以前はオペラ座などのある華やかな パリ2区あたりに
ホテルを取るのが好きだったんですけれど・・・便利ですもん

最近はセーヌ川の反対側、6区あたりに滞在して
ぷらぷら歩きながら目的地に行く、ほんのちょっとだけ不便(?)を楽しむのが好きです

   20080607-014 Paris0003-1

セーヌ川に沿って歩くと 対岸には大きな大きなルーブル美術館

   20080607-012 Paris0001-1



       20080607-020 Paris0009-1

歩道には 小さな屋台がいっぱい並んでいて
絵だったり、ポストカードだったり、本だったり・・・絵を描きながらっていう店主もいます
この女性は絵を売っているんですけれど、ポイントは真っ黒なワンちゃん

   20080607-016 Paris0005-1

       20080607-021 Paris0010-1


そんなこんな、きょろきょろしながら 歩くと
オルセー美術館です

   20080607-022 Paris0011-1

オルセー美術館 ( Musée d'Orsay ) はパリの真ん中にあるけれど
アクセスはかなり良くないんです

タクシーっていう手もありですけれど、
お天気が悪くなかったら、かとり~ぬはお散歩がてら が好きです







コメントは日付の右の comments をクリックしてくださいね

関連記事
 HOME 

プロフィール

 かとり~ぬ

Author: かとり~ぬ
好きなものは・・
フランス と チョコレート
ワイン と チーズ
旅行 と 美味しいもの
美しいもの と 魅力的なもの♪

最新トラックバック

♪お気に入りのサイト mon favori ♪









♪ちょっと気になるもの♪ 見てね~

日比谷花壇 フラワーギフト 今月限定

日比谷花壇 フラワーギフト キット商品

エノテカ/お試しワインセット_125_125

ANAショッピング astyle

 iTunes Store(Japan)

♪旅行に出かけたくなる・・・♪

 



 

♪旅行のサイト Bon Voyage♪

Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー★ツアー通常バナー★



ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

blogram

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。