Loading…

スポンサーサイト

Posted by  かとり~ぬ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディブルフラワーと食用花

Posted by  かとり~ぬ on 31.2011 エディブルフラワー 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

かとり~ぬが「エディブルフラワー」と初めて出会ったのは
20年と少し前、、、
かとり~ぬが学生を謳歌していたころです

1988年の春、
新宿のホテル センチュリーハイアット(Hyatt Regency Tokyo)にランチを食べに行ったとき、
レストランで「エディブルフラワー」を使ったコースの企画を開催していたんです

お花のまま、そのまま食べちゃうのね~って新鮮で、とても記憶に残りました

今となっては、当時 何を食べたのか憶えていないんですけれど・・・(笑)

日本で初めて「エディブルフラワー」を導入したのが、
この1988年3月のホテルセンチュリーハイアットだったんですって

先日の
エディブルフラワー・コーディネーター ライセンス取得講習会で
知りました~ なんだか、ちょっと嬉しい


日本では、「エディブルフラワー」は まだ23年だけれど、
「食用花」としては奈良時代には存在していたらしいですよ
でも、当時は食べ物っていうより 薬って感じです
紅花を虫下しのために食べていたんですもの~

かとり~ぬの身近なもの、子供の頃からあった「食用花」は
菊の花、桜の花、菜の花、ふきのとう、花穂じそ、、、いろいろありますね~
お花を食べている なんて意識のないまま、普通に食べています(笑)

古代のネイティブアメリカンは紀元前から お花を食べていたんですって
土地柄、砂漠に咲くユッカ、サボテンのお花などを
ちなみに、ユッカはニューメキシコ州の州花です

古代ローマでは バラのお料理や スミレのワイン があり、
アジアでは バナナ、フイリソシンカ(Orchid Tree)、ツツジのお花たち、
日本にも伝わった菊酒、紅梅の塩漬け などなど

お花を食べるって エディブルフラワーって
昔から、とっても身近なものなんです






関連記事
スポンサーサイト

お花のデザート

Posted by  かとり~ぬ on 30.2011 エディブルフラワー 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

今日は、余ってしまった赤ワインでデザートを作ってみました

かとり~ぬは、一応、エディブルフラワーコーディネーターなので
お花を使ったデザートにしてみました

まずは、レアチーズケーキ
青紫のビオラ と 赤いプリムラ で飾ってみました~

     
IMG_64880002-2.jpg


赤ワインがまだ余っていたので・・・
赤ワインの寒天です
こちらは 赤いバラの花びらを散らして固めてみました
     
IMG_65020001-111.jpg

かとり~ぬ、シフォンケーキやパイは時々作るんですけれど
ゼラチンや寒天で固めるものは あまり作ったことがなくって・・・
作りながら どきどきしちゃいました

Bon Appetit




関連記事

器を使わないアレンジ

Posted by  かとり~ぬ on 29.2011 カラーコーディネーター 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

カラーコーディネーターの課題の1つに
「赤」からイメージするテーマを決めて
そのテーマに合う赤い花をメインにしたアレンジを作成する
っていうものがありました

私の選んだ「赤」は・・・
情熱、強さ、大人のかわいらしさ そんな濃い赤いバラ

     赤のアレンジ

アレンジを送る目的、シチュエーションは
とっても個人的に、ありそ~な感じな・・・
”おうち女子会” に持っていくってアレンジ~


まずは、、、面倒じゃないように、
持っていったら そのままテーブル中央に飾れるように

それから、器を使っていないところもポイントです

頂いたお花を十分楽しんだ後、器って案外困りませんか?
好みに合っていなかったり、頂きものの器が既にいっぱいあったり、
お花を活けない人なら なおさら、、、

そこで、
吸水させたフラワーフォームをまるっと防水の透明フィルムで包んでしまいます
その上から お好みのラッピングペーパーなどで 器のつもり&ラッピング

かとり~ぬは ワックスペーパー や 和紙 を使うのもお気に入り

   赤のアレンジ

でも、今回は、ラッピングの代わりに、両端が赤い葉っぱでフォームを包んで
アクセントにバラの茎を何本か お花用ボンドでくっつけちゃって
赤~ピンクのグラデーションのラフィアをリボンの代わりに。


お花って頂いたとき とっても嬉しいので
そのあとも、もらった方が ずっと心地好いままでいられるようにしたいですよね
せっかく贈ったんですもの
数日後、お花って面倒だわ~ なんて想ってほしくないですもの


いかがかしらん





関連記事

こんぺいとう

Posted by  かとり~ぬ on 28.2011 お気に入り 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

2日続けてお気に入りのものを紹介しましたが
もう1つ(^^)これを・・・

金平糖です

   IMG_64410001-3.jpg

といっても、これはキャンドルなんです
色も形もとっても可愛らしいでしょう?

カメヤマローソク さんの商品です

かとり~ぬは お花のアレンジに使うキャンドルを
カメヤマローソク さんから購入することがあるんですけれど
かとり~ぬの この春のお奨めは この こんぺいとうキャンドル

   IMG_64550002-3.jpg

金平糖1つぶ1つぶを プリザーブドフラワーのアレンジに使おうと想っていたんですけれど
あまりの可愛らしさに 当分このまま眺めていようと想っています





関連記事

お気に入り・・・Michal Negrin

Posted by  かとり~ぬ on 27.2011 お気に入り 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

今日はもう1つのお気に入り
イスラエルのジュエリーデザイナー
Michal Negrin です

すべての商品がハンドメイドで、
同じデザインでも、同じお花でも、微妙に色が違うんです

   
IMG_63830002-2.jpg
このリングは かとり~ぬ好みの ちょっと紫っぽいピンクに
ひとめ惚れでした~




関連記事

お気に入り

Posted by  かとり~ぬ on 26.2011 お気に入り 2 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

かとり~ぬは あまりアクセサリーをたくさん身に着けるのは
好きじゃないんですけれど

でも、美しいもの、魅力的なものは
持っているだけで幸せな気持ちになります

もちろん、身に着けて、かとり~ぬ自身とその日のファッション、場所
に合っていれば なおさら素敵です

かとり~ぬにとって そんなアクセサリーの1つが
本物のお花から作られたアクセサリー

  
バラ

色も形も同じものはないですし、自然のものってやっぱりきれい~

こういう感じのピンクは と~っても かとり~ぬ好み




関連記事

フリーセント・・・流れるように

Posted by  かとり~ぬ on 25.2011 フラワーアレンジメント 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

午前中は暖かかったんですけれど
午後になったら曇ってきて、なんだか少し寒くなってきました

さて、昨日は木曜日だったので、夕方から
Lavender Bloom へアレンジのレッスンに行ってきました
昨日の夜も寒かったですね~

今回のアレンジは・・・フリーセント
一点へ向かって流れるようなスタイルです

かとり~ぬのお気に入りのスタイルなんです

   
フリーセント

以前 作ったフリーセントは こちらに倒れてきそうな
少し男性っぽくワイルドな感じにしたんですけれど
(そのうちUPしま~す)

今回は ラベンダー色のトルコキキョウがすてきっ
それにグリーンのスプレイカーネーションと淡いオレンジのバラが
とってもエレガントな、女性っぽい雰囲気になりました




関連記事

もう1つの名前

Posted by  かとり~ぬ on 24.2011 松月堂古流 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

今は お教室には通っていませんが、
かとり~ぬは日本のフラワーレンジメントの1つ
松月堂古流 というお花を習っていました

母も従姉も 池坊 を習っていたので
ちょっとひねくれ者(笑)の私は、習うなら違うところで、、、と。

そこで、頂いた名前、瑞和(ずいわ)が かとり~ぬのもう1つの名前です
これはこれで、随分お気に入り
使う機会がないのが ちょっと残念ですけれど

かとり~ぬ好みの優しい先生で
あまり型通りきちきちに活けなさいとは言わず、
基本は守りつつ、それぞれの感性を生かしなさいって。
ちょっと自由なところも かとり~ぬ 好み

お稽古を終えた生徒さんや先生とおしゃべりするのも楽しくて
毎回、お茶とお菓子 もあって・・・
これがお目当てだったりしていました~

そうそう、お菓子の器も、先生の手作りってときもありました
先生の趣味が陶芸だったんです

どんなお稽古でも 先生や他の生徒さんとの相性や
お教室の雰囲気、居心地のよさが 楽しく長続きする秘訣ですよね




ミモザのリース

Posted by  かとり~ぬ on 23.2011 フラワーアレンジメント 0 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

昨日のアレンジメントに使ったミモザがたくさんあったので
リースにしてみました~

   
IMG_63540004-3.jpg

今はまだフレッシュですが、このままドライになるはず・・・
元気で明るい感じのイエローが 春ならではの雰囲気です

素朴な感じのお花なので、シンプルなリースに

ツタのリースベースの代わりに
ブラウンのフローラルテープを巻いたワイヤー4本を使っています
円周は、ワイヤー2本分弱くらい

ミモザは 適当に ちょきちょき切って
面倒だけれど、全部ワイヤリングして
ツタの代わりのワイヤーにくるくる巻いていくだけです

簡単で しかも、誰が作ってもちゃんとできるのでお薦めですよ



関連記事

カラーコーディネーター

Posted by  かとり~ぬ on 22.2011 カラーコーディネーター 3 comments 0 trackback
こんにちは。かとり~ぬです

かとり~ぬは昨秋から カラーコーディネーターの勉強を
少しずつしているんですが、、、

ときどき、色や形、サイズなどの指定のある生花のアレンジを
作るレッスンがあります

季節によっては、指定の色合いのお花がなかなか無い・・・
なんてときもあるし、お財布とも相談しなきゃならないので
案外、大変だったりしますが、楽しいです

ということで、今回は 「黄色」とその反対色相のアレンジです
黄色と反対の色・・・紫、青紫、青のあたりですね~

今回の形指定は、オーソドックスなドームでした
作り方は簡単だけれど、ごまかしがあまり効かない(笑)

一応、アレンジを作ってみました

   カラーコーディネーター

ガーベラとミモザの黄色
ストックの紫とアザミの青
その他はおまけのストックの白と黄緑色のスプレー菊
それから・・・見えにくいんですけれど
蔓状の葉っぱは 庭の塀に大量に繁殖しているものなんですけれど、、、
名前はわかりません(笑)





関連記事
 HOME 

プロフィール

 かとり~ぬ

Author: かとり~ぬ
好きなものは・・
フランス と チョコレート
ワイン と チーズ
旅行 と 美味しいもの
美しいもの と 魅力的なもの♪

最新トラックバック

♪お気に入りのサイト mon favori ♪









♪ちょっと気になるもの♪ 見てね~

日比谷花壇 フラワーギフト 今月限定

日比谷花壇 フラワーギフト キット商品

エノテカ/お試しワインセット_125_125

ANAショッピング astyle

 iTunes Store(Japan)

♪旅行に出かけたくなる・・・♪

 



 

♪旅行のサイト Bon Voyage♪

Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー★ツアー通常バナー★



ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

blogram

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。